--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-10-04

MC のからくり

先日、2つ目のマイクロチップ(MC)を入れたので2つ目の電子身分芯片  
ID No.のはいった迷子札を作りました
似合う?

表に名前と電話番号、裏面に2つのマイクロチップ番号を入れてもらいました。きれいな仕上がりで、満足。。
 いるみなや さんのプレートタイプ



最近、検疫準備を始めた友人があまりのややこしさに、”ぶっ倒れそう!”といっておりましたが、同感
以下は、ややこしい話ですみません。
今日は、マイクロチップに関してです。

2つ目のマイクロチップを入れるまでに、素人ながら、何でやねん、どうなってんねん。。。と格闘。。
ほっーと思ったMCのからくり書いちゃいます


現在、ISOといわれているマイクロチップは、
ISO11784 とISO11785 の両方を満たしています。
日本で販売されているのは、全てこのタイプです。

ISO 11784;15桁の電子識別コード体系の規格(Cord Structure)
ISO 11785;通信方式、交信方式の規定(Technical Concept) 

15桁の内訳は,

3桁(Country cord)国コード;392:日本 

以下National code
2桁動物コード;14伴侶動物
2桁販売会社コード;
  10富士平工業(DATA MARS のideal というMC)
  30共立商会(Avid)
  80大日本住友製薬(Digital AngelのLife Chip)
8桁;個体識別番号:8桁のランダムな数値となります。

ということで、マイクロチップを読み取れば、どこの国の会社のチップが入っているかがわかることになります。

通信周波数は134.2kHz 交信方式FDX-BとHDXが採用されています。

アメリカで流通している
10桁のHome Again やAvid のEuro Chip は、125kHz FECAVA(FDX-A)
9桁のAvid (アメリカ流通用)は、Avid独自規格となります。
ほかには、イギリスのTrovan社や スイスのDataMars社があります

現在日本で流通しているリーダーは、FECAVA(FDX-A)にも対応されています。
(Avid 社のリーダーなら、9桁も読めます。)
旧規格のMC を装着されていて、読み取る必要がある場合は、獣医さんで読み取ってみてもらうか、リーダーの規格が対応しているかを調べてみれば、読み取れるかどうかわかります。
(一部古いリーダーでは、ISO 15桁しか読めないタイプもあるようです。)

いろいろなからみで、ISO 規格の MCについて、すったもんだしたようですが、最近では、ISO(11784/5)以外は旧規格として分類されているそうです。。

B.B. は、アメリカのHome Againを入れて帰国しました。
日本帰国に関しては何も問題ありませんでした。
しかし、日本でマイクロチップ(ISO )を入れていったら、アメリカのリーダーで読めないという問題がありました。

最近やっと、アメリカでは、resQ(ISO 11784/5)というMC が販売されているそうです。
日本でMC を入れていった方は、resQ 取り扱いの動物病院を探せば、読み取れるようです。

今回、近所にリーダーを持っている獣医さんすら少なくて、動物病院に電話をかけまくった末、本土(島人なもんで^^;)の尾道、三原 福山地方に2箇所しかリーダーを持つ獣医さんがいませんでした。
行ってみて読めなくても困るので、調べるにいたりました。

今回、2つ目のMC を入れてもらった獣医さんはこちら
あそう動物病院
設備も整い、獣医さんやスタッフの方々の対応もとても親切で、おすすめです。
あそう動物病院さんのホームページか、リンクさせてもらっている A Wan!derful travel with Your Dogさんが持つリンクや掲示板に入っていただければ、もっと詳しくMC について説明されています。
販売元のISO 規格に詳しい方に聞いても、親切に教えてくれると思います。
また、記載した内容に間違いや改正点などあれば、教えていただければ、幸いです。



にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ

にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ




スポンサーサイト

theme : ジャックラッセルテリア
genre : ペット

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

マイクロチップは国によって採用されてるものの違いがあるのですね。統一されてたら1個ですむのにね。ややこしいですね。
うちは入ってないのですけど、そのうち近い将来にはペットには皆入れるようにってことになるのかな。

No title

アメリカはすでにマイクロチップ大国だったから、すぐにはISO 規格を受け入れられない事情があるようです(^^)国によって事情があるようですね。
震災が起こる可能性のある地域は、すでにマイクロチップを入れたパピーを売り始めてはいるようです。。田舎ではリーダーすら探すようですものね。

No title

マイクロチップかぁ~
近い将来、日本でも義務化されそうですね・・・。
我が家の様に家族が多いと大変そうです。

日本も震災の多い国ですから必要なのか?
悲しいですが、「わん」を捨てる人が多いので??
そちらの可能性があるのが・・・辛いですが現実なんですよね。

まむごんさんへ

そうですね~。
全面義務化するには、リーダーが普及しないことには。。。^^;
獣医さんもあまりケースがないから、慣れてないようだし。。
動物愛護センターにはリーダーがあって、迷子ペットにはスキャンしてくれるみたいです。
とりあえずは、検疫時(輸入)には必要で、狂犬病の進入などを防ぐ水際作戦みたいですが。。。
これからどうなるでしょうかね。。
プロフィール

Parson

Author:Parson
愛犬 B.B.(ビービー)
生年月日 2005/7/1 
性別 もと男の子
種類 JRT らしくない
趣味 ボール
 お犬友達募集中です。
 よろしくね。

FC2カウンター
ランキング参加中

にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ

最近の記事
最近のコメント
リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
天気予報
旅をみつけてみませんか

海外旅行なら

心地よい暮らし 応援します

いい出会いを

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。