--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-05-26

いかがなものか

ちょっと、ドク抜き。

 わんこの落し物

毎日、B.B. と行く公園に、毎日のようにある同じわんこの落し物。
おんなじ色、形してたら、わかるじゃん。


少なくとも、同じ大型犬と小型犬。


誰かわからないけど、ほとんど毎日そのまま。

気づいた人が、ご厚意でよそ様のワンのをもらって帰るのです。


”もらいうんP”しながら、飼われてるわんこに、罪はないなと思うのです。


この、飼い主は、自分のおケツも拭かないような人。

おケツ拭いて、手を洗わずに、おにぎり握るような人。



 ドッグランって・・・?

無料ドッグラン徒歩圏内っていうのが、家探しの優先項目だった我が家。

犬の遊び場@海の公園を、週1回くらい使わせてもらってます。

この遊び場、できた経緯が、海水浴シーズンに浜に犬を入れたら不衛生なので、犬が遊べる場所を作った。
らしいのです。

でも、草も生えてない土の面で、ごろごろ石がたくさんで、肉球にはやさしくない。
遠方から来た人には、すこぶる不評。
B.B. は、肉球すりむげるし、爪の間けがして流血はしょっちゅう。
でも、飼い主も犬ものびのびと走らせてやりたくなったら、ここしかない。


2年前、公園管理事務所に電話したんですよね。私。
そしたら担当者に、
「管轄は市なので、要望は伝えておきますが、予算をいただけるかどうかは、わかりません。」
というお返事だった。

ふ~ん。


市の手入れはされてないドッグランだけど、毎日使う近所の方たちがご厚意で、
水たまりに枯葉を入れてくれたり、放置うんPなどの掃除をしてくれてるのは、知っていた。


最近、フェンスも新しくなり、伸びまくった枝の伐採もしてくれたようだ。(これは市が????)




で、昨日。

お手入れ後に残された砂利が、以前の比にならないくらいで、とてもじゃないが、犬を走らせられない。
ちょっと石を拾って帰りましょうって、くらいじゃどうにもならない量。



まっすぐ、管理事務所に行きました。



「犬がすぐ、足をねん挫するくらい、ひどい状態ですが。」
と、伝えたところ。

対応してくれた、立派な方が、

「私は担当者じゃないので、知らなかった。
今日は担当者いないので、明日伝えておきます。
あなたの満足のいくお答が言えるかどうかは、わかりませんが。。。。
(どうぞお帰り下さい。。のしぐさ。)」

これって、門前払い?
”私は担当者じゃない”って言うのは、利用者対応マニュアルに書いてるのかな?
私の名前も聞かないで、対応した自分の名前も言わないで、どうやって答えが出るんだろう。。。


ま、もともとが、人間に邪魔な犬は、どうぞ隅で遊んで帰ってくださいって、ことなのね。


公園は今の状態に甘んじていて、市はペットとのより良い共生のための啓もう活動や設備を整えられないところってことね。
それを許してる、私たちも、罪よね。

皆さん、海の公園の犬の遊び場を使ったら、時間のある方は、管理事務所にも立ち寄って、感想を話して帰ってくださいね。

公園は現状を、知らないらしいので。



 いつまでもペット後進国じゃ、いかがなものか。


 2年前、実家の近くで、B.B. がブルテリアに襲われ、咬まれたのですが。
実は、このときの飼い主さん、手首まで彫り物のある方だったんですよね。

逃げられそうになったので、“病院行きますから!”と、宣言して、帰宅。

咬み傷は大したことなさそうだったけど、相手が相手だったので、病院へ行きました。

実家近くの唯一の動物病院さんへ。

で、獣医さんとの会話。

獣医)「これくらいの傷で、来て・・・・。」
私)「相手がやっちゃんだったので、念のため来たんです。。」
獣医)「僕には、関係ない。」
私)「・・・・・・・。」


結局、親分上司の犬だったらしく、「こちらが全面的に悪いですから。」って、
きちんとお支払いするように言われましたからと、気持ちよく治療費を出してくれました。


 ご近所に最近デビューしたJRT の男の子

いつも60才過ぎくらいの、おじ様が連れて、とてもかわいがられているのだが。。。


そのジャックちゃん、7か月になった時に、去勢手術をお願いしに、病院に連れていったそうで。
そしたら、「近くにメスがいないなら、すぐしなくてもいいよ。」と、獣医さんに言われたと。。。。

で、昨日、あったので尋ねたら、
現在11か月。おとなしい性格みたいだから、手術は迷ってると。
でも、手術してないから、怖くてドッグランに連れていけないと。。。

・・・・。気の毒。


 去勢済みのはずのゴールデン君が、実は。。。

B.B. は、去勢済みのオスと仲良くなれなかったことは、少ないのですが。
以前から顔見知りで、一緒に遊んでたのに、なぜか帰国後再会したら、ガウガウ。

????

って、思ってたら、最近発覚。

このゴールデン君、降りてきた玉ちゃんは取ってもらったけど、もう一つは停留睾丸だったので、腹の中に残ってるんだって。


意味ないじゃん。

妙に、B.B. の行動に、納得。



 公園で会った10才のラブ君は自然体。

公園であって、一目で、おかまちゃんのB.B. を気に入ってくれたラブ君。


B.B. は、自然体のオスが苦手なので、と、ごめんなさいをしました。


よく聞くと、去勢のために病院連れてったら、ラブはおとなしいから、しなくていいと言われたと。。。。


え?

それって、獣医さんが決めること???



私の知ってる飼い主の皆様は、愛犬のしつけや体調管理に気を使い、その仔の個性を受け入れて楽しいわんこ生活を送られてると思います。

B.B. はアメリカで飼いはじめ、基礎トレーニングも、私のわからん英語で受けました。
初めてのわんこだったので、わからないこと多く、トレーナーさんに相談したり、調べたり。
去勢に際しては、蛙君は、男としてかわいそうだと。

でも、アメリカでは、去勢してないと入れないドッグランも多いし、わんこ幼稚園は入れないし、ホテルもあずかってくれないところも。。。。
日本の街中に帰国するであろうこともわかってたし、豊富な運動量を、安全に解放させてやるには、去勢は不可欠と思いました。
ごく自然に、7か月で去勢手術を受けました。

その後、1才を過ぎて、どうもパピーが苦手?っと思ってたら、

日本帰国後、自然体のオスが極端に苦手だとわかりました。
お散歩で知らないわんこを無視するトレーニングはしますが、オスがぐいぐい近づいてきたら威嚇します。
ドッグランでは、ガウガウして追い払いますが、相手の毛がむしれてることしばしば。
B.B. の後ろにいきなり近づいて、逃げ切れなかった小型犬は、押さえ込みにあいます。
先日は、背負い投げまでしました。。。。

日本に暮らしてる以上、どんなわんことも平常心で対応できるよう、毎日がトレーニングです。

こんなB.B. ですが、慣れてる飼い主さんは、
しつこくってごめんねとか、怒られたねとか、笑って言ってくださいます。
自然体のオスが、他のわんこに及ぼす影響を理解して飼ってらっしゃる方たちなのでしょう。
そんなときは、私も癒されます。
ブログを通じてお友達になった方々の中にも、自然体のオスを飼ってらっしゃる方、たくさんいらっしゃいます。
そんな方たちこそ、B.B. のガウガウ犬度を理解し、私を支えてくれてるようにも思います。


正直、威嚇するB.B. は凶暴に見えるし、私もいつも頭を下げるのにも、疲れています。
自然体のオスは、去勢済みオスの匂いが大好きなのですが、B.B. は、一定以上に近寄られると苦手ですと、説明させていただきます。
オスはおかまちゃんが好きって、知らない方、多いです。


避妊・去勢手術をするしないには、正しい答えはないし、飼い主さんの判断で行うものと思います。


ただ、気になるのは、

日本は、まだまだ去勢についての知識が普及してないように思います。


去勢と避妊手術について

去勢について (super puppy)



コメント欄は閉じさせていただきます。
















スポンサーサイト

theme : ジャックラッセルテリア
genre : ペット

プロフィール

Parson

Author:Parson
愛犬 B.B.(ビービー)
生年月日 2005/7/1 
性別 もと男の子
種類 JRT らしくない
趣味 ボール
 お犬友達募集中です。
 よろしくね。

FC2カウンター
ランキング参加中

にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ

最近の記事
最近のコメント
リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
天気予報
旅をみつけてみませんか

海外旅行なら

心地よい暮らし 応援します

いい出会いを

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。